• お見積りはこちら
  • データアップロード
  • とってもお急ぎ便
  • 増刷・改訂
  • キャンペーン案内
  • お助けサービスって何?
  • 教えて!すぐスールって
  • 教えて!用紙の特長
  • 教えて!製本のちがい
  • 冊子以外はできないの?
  • お仕事紹介コーナー
  • テンプレートはこちら
  • 領収証の発行について

製本のちがい

無線綴じ

無線綴じ(むせんとじ)とは一枚づつ切り離された本文をページ順に並べ、表紙をくるむことで完成します。このためくるみ製本ともいいます。
一般的に表紙と本文の間を専用の糊で接着します。
比較的安価な方式であり、くるみ仕上げのためかなりページ数のある冊子にも対応できるため、中綴じよりも汎用性があり、漫画本や文庫本などに広く使われています。

無線綴じは中綴じと異なり、比較的多ページ向きで、下のように180度開きません。
また、見開き中央付近に文字や図、写真などがある場合、隠れたりして見えにくくなります。そのため、左右見開きの図柄などは特に位置関係に注意が必要です。

中綴じ

中綴じ(なかとじ)とは、表紙と中身を重ねて(通常1枚で4ページ分)、中央部分を2箇所ホチキスで綴じます。
パンフレット、週刊誌、雑誌、取扱説明書、会報などでよく用いられます。 用紙の厚みの関係で、ページ数の多いものは綴じれません。無線綴じと違い、本のノドいっぱいまで開くことができます。