よくわからない?紙の種類のお話

いつも『すぐスール.com』ご利用ありがとうございます。

お客様担当のみやしたです。(ノ*^u^*)ノ

普段冊子を作らない方によくわからない・・・と言われるのが「紙の種類」です。

「上質紙」、字だけ見ると高級紙にも思われがちですが、普通のコピー用紙です。コンビニでコピーしたら出てくる紙です。すぐスールでは一番安価な紙なんです。

次によくでるのが「コート紙」。チラシでよく使われる、光沢のある紙です。カラーの写真がある印刷に向いています。上質紙だと写真の色がどうしても沈んでしまいがち。コート紙ならキレイに印刷できます。現像した写真ほどはテカテカしてないかな?という印象です。

コート紙とマットコート紙、何が違うの?とよく聞かれます。

マットコート紙の方が光沢が抑えられていて、しっとりとした光沢があります。コート紙ほどテカテカしていないので、写真と文字と同量の冊子に向いています。

「色紙」で印刷したい、と言われると「色上質紙」です。もともと色がついた紙です。「色画用紙」と言われると想像しやすいかもしれません。

大会の冊子や議案書の表紙によく使われています。年度ごとに色を変えたり、プログラム、名簿など種類ごとに色を変えられるお客様が多いです。

ちなみに「色紙」と言われると「マーメイド」と「レザック」も候補にあがります。

「マーメイド」と「レザック」は表面にしわ加工があります。ちょっと高級な文集に使われているイメージです。色上質紙に比べるとちょっとお高めですが、記念に残しておきたいものの表紙なんかにいいかもしれません。

ちなみにマーメイドやレザックの表面の感じはサイトでも確認できます。

L○Ftや東○ハンズ、ユザ○ヤにも置いてます。文具の紙コーナーや、Weddingコーナーに置いてありました。招待状や席札に使われているからですね。

すぐスールは安価を維持するために紙見本の冊子は現在作っていません・・・。ご指定の紙を5~6枚、どうしてもください!と言われれば倉庫の中から頑張って集めてきます(笑)

お客様にわかりやすいようにご説明できるよう日々精進しております。

お気軽にご相談いただければ幸いです♪

(みやした)

制作データ

■冊子種別
スタッフブログの為、制作データはありません。