消費税10%にアップと軽減税率

令和元年10月1日、消費税10%にアップされます。

同時に食料品などは軽減税率が適用され8%のままになります。

さらにクレジットカードなどのキャッシュレス決済を行うとポイント還元が受けられます。

こちらは景気対策なので令和2年(2020年)6月までとなります。

ややこしい軽減税率をピックアップしてみました。

お菓子は8%だけど食玩は10%。じゃあハッピーセットは?

軽減税率でややこしいのは同じ食品でもその場で食べる場合は10%で持って帰る場合は8%。

これと同様にスーパーで売っているお菓子は8%なのですが玩具付きのお菓子やティーカップ付きの紅茶は10%になります。

シール付き菓子のようにお菓子の内容量が多い商品などは8%です。

これはお菓子の価値とおまけの価値の違いで決まり、ちゃんと計算方法があるのですが、かなりややこしいです。

チョコエッグの税率は10%だそうです。

ではハッピーセットを持ち帰る場合はどうでしょう。ハッピーセットはおもちゃはおまけですが、おもちゃを目当てにハッピーセットを買う場合もあります。

けっこうおもちゃの価値も高そうです。

日本マクドナルドによると、同社が提供する「ハッピーセット」もおもちゃは無料だとのことで、持ち帰る場合は8%の税率が維持されるそうです。

しかもマクドナルドの場合は持ち帰りもその場で食べる場合も値段を調節して支払額は同じになるようにするそうです。

リポビタンDは10%でオロナミンCは8%

こちらもややこしいのですが、オロナミンCは「炭酸飲料」リポビタンDは「指定医薬部外品」です。

清涼飲料水のようなのは軽減税率適応ですが「指定医薬部外品」は不可との事です。

ビール、発泡酒、みりんは10%

ぜんぶカテゴリーが「酒」に入るそうで。アルコール度数が1%以上のものは軽減税率が適応されません。そのためみりんも10%です。

キャッシュレス決済のポイント還元

期間限定とはいえポイント還元されるならそれに越したことはありません。

特に食料品は軽減税率8%なうえにポイント還元がつくとなると増税前よりお得です。

このポイント還元。どこでも使えるかというとそうではなく、事業者が登録しないといけません。

ですので普段使っているスーパーがポイント還元に対応しているかどうかを調べないといけません。

ポスターかステッカーが貼ってあるそうなので確認しましょう。また下記で登録業者の一覧があるので調べてみてもいいかも。

https://cashless.go.jp/

2%還元か5%還元か

大手フランチャイズは2%。中小規模の店舗は5%還元です。ですのでイオンのような大型店舗で全国展開しているようなスーパーは2%還元なのですが

問題は「中小規模の店舗」。地域密着の市内に何店舗かあるけど全国にはないようなスーパーは2%か5%かどっちでしょう。

これ調べたのですがわかりません。業務スーパーのような全国展開は2%なのですが、そのほかのスーパーはあまり登録されていない感じです。

ちなみに私が普段使うスーパーはPayPay対応しましたが事業者登録はまだのようです。

ポイント還元が始まった頃にチラシでわかると思います。

プレミアム商品券!

住民税非課税者や3歳未満の子育て世帯には2.5万円分の商品券を2万円で購入可能になっています。

市区町村内でしか使えませんがかなりお得なので対応世帯の方は購入しておきましょう。

(たけうち)

制作データ

■冊子種別
スタッフブログの為、制作データはありません。