サブスク化について思うこと

早いもので2019年ももう少しで終わりです。

年の終わりには毎年恒例の流行語大賞が発表されます。楽しみですね。

もう既に今年の流行語ノミネートが発表されましたが、その中にサブスクという言葉があります。

OfficeやAdobeのソフトを使って仕事をしている身としては、かなり前からサブスクなんて流行ってたのになぁと思う訳ですが、一般層に浸透してきたのが今年だったのでしょうか。何をきっかけに浸透したのか非常に気になります…どなたか教えて頂けましたら幸いです…!

個人的には何かを購入する際には形として残しておきたいと思うタイプなので、最近の何でもサブスク化する流れはあまり好きではありません。

なのでダウンロード購入出来るものでも、未だにわざわざ物の方を選びます。例え自宅に届くのに時間が掛かったとしても、待つのを選びます。

冊子でもそうですが、電子書籍で読むより紙で読みたいと思うタイプです。

やはりデータではなく、形として残しておきたい性分のようです。

ちなみにですが、

すぐスールはあなたの作品を、形として残すお手伝いをする印刷通販サイトです。

ご不明な点がございましたら、お電話頂ければ弊社のスタッフがお答え致しますので、お気軽にどうぞ。

(かわかみ)

制作データ

■冊子種別
スタッフブログの為、制作データはありません。