重要!パンフレットの入稿データ作成の注意点

カタログ、冊子、パンフレットなど、ページものの入稿データを作成する際、ぜひ知っておいてほしい注意点があります。今回は、意外と見落としがちな入稿データ作成の注意点をご紹介します。

ページの境目に文字がかかると印刷できません

まず、ページとページの境目(ノド)に文字をかけないように注意してください。印刷可能範囲としては、もちろん全面印刷することはできます。しかし、文字を入れる際は余白をとっておかないといけません。

●中綴じパンフレットの場合

中央部分を2箇所ホチキスで綴じる中綴じの場合は、見開いたときのノドの部分を3mmずつ余白とるようにしてください。デザインの都合上、難しいケースもあるかと思いますが、ギリギリでも最低1.5mmずつは確保していただきたいと思います。

●無線綴じパンフレットの場合

各ページを順に並べ表紙をくるむ無線綴じなら、中綴じよりも見開きが水平に開かないため、5mmずつ余白をとっておくことをおすすめします。特に細かい文字や、本文の文章がページをまたいでしまうと読めなくなってしまうので注意が必要です。また、あえてページにかかる大きなキャッチコピーなどは、文字と文字の間を空け、ページをまたぐようにして作成します。

ページの外周りの縁も、同じように外側から3mm余白をとっておきましょう。一方、写真やデザインをページにいっぱい印刷したいというときは、塗り足しが必要になってくるため余分に3mm大きめに作成してください。

画像のレイアウトにも注意が必要

中綴じにせよ、無線綴じにせよ、ページにかかる画像のレイアウトにも注意しましょう。たとえば、人物の顔や商品が見開きのど真ん中で折れるようなカタチにならないように、気をつけて作成してください。

インデックスやノンブルにも余白が必要

あと、電話帳や商品カタログによくある索引をインデックスといいますが、こちらもページの端にレイアウトすることが多いので注意が必要です。また、ページ数の番号のことをノンブルといいますが、こちらも同様に、ページの端ギリギリまでいかないレイアウトを心がけましょう。

もし入稿データに不備があったら…

冊子やパンフレットなど、ページもののデータに不備があった場合は、弊社で修正できそうなものであれば対応させていただきます。しかし、どうしても弊社では判断できずデータを操作できない場合は、お客様に確認をとりながら調整していきます。また、入稿データ作成の際にご不明な点がありましたら、どんなことでもお気軽にご相談ください。→安心の親切対応!パンフレットの作成なら、遊文舎におまかせください。

制作データ

■冊子種別
今回は情報はありません
■サイズ
 
■ページ数
 
■注文部数
 
■納期
今回は情報はありません
■料金