定期刊行物の冊子をお得に印刷する2つの方法

会報や業界の季刊誌、お得意先に配るニュースレターなど、定期刊行物を発行してらっしゃるお客様は多くいらっしゃいます。今回は冊子印刷の中でも定期刊行物に焦点をあて、定期刊行物とは、定期刊行物をお得に印刷する方法、定期刊行物を1つの印刷会社に依頼するメリットについて、ご紹介してまいります。

定期刊行物とは

定期刊行物とは、週刊・月間・季刊問わず、一定期間毎に印刷される印刷物(冊子)のことです。定期刊行物と言ってもその幅は広く、漫画雑誌や新聞はもちろん、趣味サークルの会報や企業のニュースレターなども定期的に印刷しているならば、定期刊行物に分類されます。

定期刊行物をお得に印刷する2つの方法

定期刊行物は、一定期間毎に印刷しますので、印刷コストをいかに抑えるかということが大切になります。定期刊行物をお得に印刷する方法は2つあります。

1)冊子の仕様をシンプルにする

1つ目の方法は、冊子の仕様をシンプルにすることです。冊子印刷のコストは、冊子の大きさや紙の種類、紙の厚み、冊子の綴じ方、ページ数で異なります。冊子の仕様をシンプルに、最も安い仕様で印刷すれば、定期刊行物の印刷コストも抑えられます。ちなみに、一番お得な冊子の仕様は、大きさがA4・A5・B5のいずれか、紙の種類は上質紙、紙の厚みは薄めを選ぶことです。冊子の綴じ方は無線綴じがおすすめです。また、冊子印刷の際の色数もカラーよりモノクロの方がお得になります。

2)印刷会社の定期刊行物用のサービスを利用する

2つ目の方法は、印刷会社の定期刊行物割引サービスを利用することです。印刷会社によっては、定期刊行物を継続的に印刷することで、冊子印刷の費用と通常よりも割り引いている会社があります。この定期刊行物用のサービスを利用することで、通常の冊子印刷よりもお得に印刷できます。

印刷会社の定期刊行物用サービスを利用する2つのメリット

冊子印刷会社の定期刊行物用サービスを利用するメリットは2つあります。

1)冊子印刷のコストを抑えられる

1つ目のメリットは、やはりコスト面です。先ほども申し上げたように、印刷会社によっては、定期刊行物の場合、特別な割引を行っている会社があります。冊子印刷会社によって、定期刊行物用の割引が受けられる条件は様々です。例えば、年間の最低発行回数や最低発行部数などの制約がある会社もあります。弊社の場合は定期刊行物の印刷頻度は年間4回以上がひとつの目安です。定期刊行物用サービスを申し込む際は、その会社の条件に印刷したい定期刊行物が当てはまっているか、直接確認されることをおすすめいたします。

2)定期刊行物の仕様を細かく発注する手間が省ける

2つ目のメリットは、発注の手間を省略できることです。定期刊行物をその都度、様々な会社に発注すれば、毎回定期刊行物の仕様(冊子の大きさ、ページ数、紙の種類、冊子の綴じ方など)を伝えなければいけません。印刷会社の定期刊行物用サービスを利用すれば、その手間を省くことができます。弊社の場合、定期刊行物を継続的にご依頼いただいているお客様には、決まった担当がついて、データのお受け取りや修正などをスムーズに行えるように心がけています。決まった担当がつくことで、その定期刊行物の特徴、例えば塗り足しの処理や拡大率、文字面(版面)や画像調整など、細やかな要望にもお応えできるようになります。また、社内でも関連部署で、定期刊行物の仕様やお客様の細かいご希望を把握していることで、検品作業もより正確になります。

何よりも印刷会社の定期刊行物用のサービスを利用することで、納期どおりに「いつも通り」の綺麗な冊子が仕上がる安心感を得ることができるでしょう。

お得な定期刊行物応援サービスも近日発表予定です(詳しいサービス開始時期、料金等は直接お問い合わせください)。趣味サークルの会報や企業のニュースレターなどの定期刊行物なら、すぐスール.comにお気軽にご相談くださいませ。

制作データ