建築士のための研修テキストを定期的に制作

建築士用の研修テキストの作成

今回ご紹介する事例は、建築士のための研修テキストです。

お客様からのご依頼は、なんと年に約15、6回にもおよぶ、弊社にとってはおなじみの案件になります。おかげさまで、お客様との長いお付き合いの中で育まれた経験から、毎回「そろそろかな?」と思った頃にご発注をいただいています(笑)

納期は、即日。108ページもの冊子を、印刷から製本まで即日で仕上げるスピーディーな対応ができるのは、互いに任せきりにするのではなく、お客様と協力して制作に取り組むからこそ実現できます。

第17回省エネ建築診断士セミナーin札幌

お客様との“あうんの呼吸”が、制作をよりスムーズに

即日納品を可能にするために、お客様からは完全データをPDFでいただくことにしています。

そうすることで、データをそのまま印刷にまわすことが可能になります。内容に関しては、そのまま使える原稿をいただいていますし、毎回とてもしっかりした状態の研修テキストのデータをご提供くださるので感謝しています。

紙質も「前回と同じ」とおっしゃってくだされば、前回のデータを弊社で管理していますので、紙もすべて揃えることができます。そのように、お客様とのコミュニケーションを重ねていくうちに自然と生まれた制作ノウハウもあります。リピートいただくお客様とのお仕事は、回を重ねるごとに制作がスムーズになっていく喜びがあります。

納品した部数と料金について

今回の研修テキストは3点セットになっており、「A4冊子・無線綴じ108P」「A3ペラもの」「左肩ホチ止め12P」を各60部を作成して納品しました。料金は、すべて込みで240,000円です。無線とじ冊子の紙質は、表紙は上質の86.5kg、中面も上質紙の44.5kgで厚みを変えています。表紙は少し分厚めに、中面はめくりやすいように少し薄めに配慮しています。

研修テキストを作成する上で気をつけたこと

それはズバリ、納期です。

データ自体は、そのまま印刷にまわせるものを送っていただいていますので、あとはお客様の希望される納期に応えるだけです。また、研修テキストという冊子の特性からしても「読めること」が大切。キレイさよりも、とにかく読めることが優先されます。

そして何より、会社の大切な研修に使用される冊子ですから、間に合わなければ意味がありません。カラーで100ページをこえた冊子で、5時間で製本まで行える企業がおそらく今はほかにないので、そういう意味ではとても重宝していただいています。先方は神奈川の企業であるにも関わらず、新大阪にある弊社を使っていただいています。

さらに完成度を高めたい

今は効率優先で進行している部分もありますが、ゆくゆくは今よりもっとチェックを密にし、研修テキスト制作・作成の完成度を高めていきたいと思います。

→冊子(無線綴じ)の作成なら、遊文舎におまかせください。

制作データ

■サイズ
A4冊子(無線綴じ)
■ページ数
108ページ
■注文部数
各60部(A4冊子・無線綴じ108P/A3ペラもの/左肩ホチ止め12P)
■納期
即日
■料金
240,000円