紙には「目」がついている?

みなさんは、紙に「目」があることをご存知でしょうか?
普段から毎日のように手に取る紙ですが、同じ紙でもちょっとした違いがあるんです!
その中でも特徴的な、紙の「目」についてご紹介いたします。

紙の「目」とは?なぜあるの?

普段私たちが手に取るA4やB5の大きさの紙は、初めからその大きさで作られているわけではありません。

もともと紙は大きなロール状に巻き取られて作られています。
その巻き取る進行方向に紙の繊維が揃うことでできるものが紙の目です。
意図的に作られたものではなく、製造工程でできるものなのです。
目には縦と横があります。

ロールに巻かれた紙に対し、縦に紙をカットすると縦目に、横にカットすると横目の紙になります。

縦のものをT目、横のものをY目と呼ぶことも。TとYは縦と横の頭文字ですね。

紙の目の見分け方

紙の目は肉眼で紙を見ただけではわかりませんが、簡単に見分ける方法があるんです。
お手元に紙がある方はぜひお手に取りながら試してみてくださいね。

● 紙を濡らしてみる
紙を水に濡らし、乾かします。
その時に沿った方向に目が通っています。

● 紙を破ってみる
紙を半分に破ってみましょう。
きれいに破れる方向と、切ったところがギザギザになってきれいではない方向がありませんでしたか?
きれいに破れる方に目が通っています。

● 紙の目があると何が起こる?
印刷業者は、使用用途に合わせてどちらの目を使うかを選んでいます。
紙の目が影響するのは主に「折り」が必要となる場面です。
1枚ペラのチラシではあまり影響はないのですが、冊子など紙を折って作られるもので特に目は意識されています。
目に沿ったほうが折り曲げやすいため、印刷するものとの折り合いでどちらの目のものをどのようなサイズで刷るかなるべく効率的で、コストのかからない方法を考えています。
冊子の場合はその構造によりますが、基本的に縦目のことが多いんです。
湿気を吸収した時に、目が通っている方向に伸びにくいという性質もあるので、きちんと適した目を選ぶことで印刷物の状態をよりよく長持ちさせる効果もあるんですね。
紙によっては縦目のものしかないということもあり、日々工夫を凝らして皆様に印刷物を提供しています。


今回は普段意識することのない紙の「目」についてのお話でした!

今後も、印刷がもっと面白く身近に感じていただける話題をお届けします♪

(編集部)

制作データ

■冊子種別
コラムの為、制作データはありません。