トンボと塗り足し?

※すぐスールではお助けサービスを無料で実施中!一般的な印刷通販サイトでは、今回の記事のような印刷ルールを守らないとデータを受け付けてすら貰えませんが、すぐスールでは問題ございません。無料でデータを印刷出来る状態にこちらで手直し致します。※

印刷物に存在する「トンボ」「塗り足し」という名称があるのをご存じでしょうか?

印刷屋さんに印刷データを渡す際には、この「トンボ」「塗り足し」をつけなくてはいけないのですが、なんでいるのか?どういう意味なのか?今回は掘り下げていきます。

トンボとは? 塗り足しとは? つける意味ある?

トンボとは、印刷物を作成する際に、仕上りサイズに断裁するための位置を表すマークです。(トリムマークともいいます)
塗り足しとは、紙面いっぱい端まで色や写真などの絵柄を配置したい場合(=用紙の端まで印刷したい場合)に仕上りサイズよりも上下左右3mm程度大きめに絵柄を配置する領域です。ドブとも呼ばれます。

「トンボは断裁するときの目印なのはわかった。でも、
実際の仕上がり(紙面)サイズで作ったら何がだめなん?
紙面サイズの方がわかりやすくない?」

断裁で、きっちり全て揃える!というのが難しくそ理由は
その日の湿度・紙のインクの量・紙の厚さ・枚数の量等々によって、揃えて切っても紙自体が微妙に伸び縮みがありその日のコンディションが違うのです。
なのでもし、塗り足しなしで制作してそのまま印刷・断裁してしまうと、微妙にずれたりしたらこんな感じで紙の白が出てしまうこともあるのです。

断裁した結果、

「紙の白がズレて出てる…
かっこ悪い」

失敗例をみると塗り足しの重要さがよくわかりますね。
しっかり塗り足しをつけて思った通りの仕上がりの印刷物を制作しましょう!

「OK!
でもトンボってどうやってつけるの?」

次回はトンボ(トリムマーク)の付け方を紹介して行きます!

(編集部)

※すぐスールではお助けサービスを無料で実施中!一般的な印刷通販サイトでは、今回の記事のような印刷ルールを守らないとデータを受け付けてすら貰えませんが、すぐスールでは問題ございません。無料でデータを印刷出来る状態にこちらで手直し致します。※

制作データ

■冊子種別
コラムの為、制作データはありません。