発注時にきっと役立つ!オンデマンド印刷とオフセット印刷の違いをご紹介

オンデマンド印刷とオフセット印刷の違い、ご存知ですか?この印刷方法の違いを知っておくだけで、より効率的に予算や納期を計画できるようになると思います。今回は、そんな印刷発注に役立つオンデマンド印刷とオフセット印刷の違いをご紹介します。

小ロットならオンデマンド印刷、大量部数ならオフセット印刷がお得

オンデマンド印刷機というのは、たとえば巨大なコピー機をイメージしてもらえればと思います。つまり、いわゆるプリンタです。要するにデータをプリントするというのがオンデマンド印刷機です。そして、オンデマンド印刷は、データを印刷するだけなので、少ない部数だと料金が割安になります。

一方オフセット印刷機は、昔ながらの印刷方法といえるでしょう。どういうことかというと、最初に「版」というのをつくります。アルミの板でできた版に印刷する画像を現像し、そこにインクをのせて紙に転写するという方法です。こちらも大きな印刷機を使って印刷します。

オフセット印刷は、版を作るのにお金がかかるため、少ない部数だと割高になってしまいます。逆に大量の部数を印刷する場合は、オフセット印刷のほうが割安になります。

たとえば、冊子であれば500冊くらいまでなら、オンデマンド印刷が適しているでしょう。以前は100冊程度までだったんのですが、最近は印刷機の性能があがってきています。

つまり、500冊以上刷る場合は、オフセット印刷にしたほうがお得ということです。

オンデマンド印刷は、1000枚刷ろうと、10000枚刷ろうと価格は変わりません。1枚いくらという計算になります。オフセット印刷は、刷れば刷るほど安くなります。ロットが増えたぶんだけ単価が安くなります。たとえば、チラシを1万部印刷するとなると、オフセット印刷のほうがだんぜんお安く制作できます。

オンデマンド印刷とオフセット印刷の納期の違い

オフセット印刷は、版をつくるという工程がある兼ね合いで、納期に時間もかかります。逆にオンデマンド印刷は版を焼く時間がありませんので、お急ぎの場合はオンデマンド印刷をおすすめします。

たとえば、1000冊刷りたいという依頼が急ぎだった場合、高くてもオンデマンド印刷にしないと間に合わないということもあります。

オンデマンド印刷とオフセット印刷の仕上がりの違い

オンデマンド印刷とオフセット印刷は、仕上がりにもそれぞれの特徴があります。オンデマンド印刷は、黒がしっかりと出て、少しベッタリとした印象になります。オフセット印刷は、落ちついた色合いに仕上がります。人それぞれ、好き嫌いがあると思いますので、こちらも参考にしていただければと思います。

どんどん進化するオンデマンド印刷機

最近のオンデマンド印刷機は、性能がとてもよく、きれいに印刷できるようになっています。

弊社も最近、新型のオンデマンド印刷機を導入しました。新型のオンデマンド印刷は、100ページ・モノクロだと、1日最高1000冊刷れます。なんと1分間に288ページ刷れるんです。驚異的なペースです。これまでの他の機械は、一日300冊程度まででした。それが1000冊ということは、3倍も速くなっています。

オンデマンド印刷でも大量部数が可能になるということは、これまでの印刷メニューも少し変わってきます。印刷機の進化とともに、新しいサービスが誕生する日も近いのかもしれません。今回はオンデマンド印刷とオフセット印刷の違いについてご紹介しました。→オンデマンド印刷・オフセット印刷なら、遊文舎におまかせください。

制作データ