会議の資料やセミナーレジュメを社内でカラーコピーする時にコピー代を半分にする方法

大きな会議や、ちょっとしたセミナーを開催する場合、その資料を配布することになると思います。

セミナーの資料だと10ページから20ページぐらいのこともあるかもしれません。

20ページで50部程度ならプリントで済ましてしまおうかなどと考えるかもしれません。

一般的に会社のコピー機ならモノクロ1枚3.5円、フルカラー1枚25円程度になると思われます。

カラーで20ページなら1部500円。50部つくるなら25000円になってしまいます。

ちなみに両面プリントしてもプリント料金は1通しの値段なので紙代は節約できますがプリント料金は変わりません。

A3で印刷するとカラープリント代が半額に!

さきほどのプリント料金、実はA3でもA4でも同じ場合が多く、A3の紙にA4を2ページ分印刷する事ができます。

この場合A4を2回プリントするのではなくA3を1回プリントする計算になるので値段はA4を2枚だと50円のところA3を1枚で25円になるので半額になります。

カラーで20ページなら1部250円。50部つくるなら12500円になりだいぶ安くなりますね。

面付けするとさらに本格的に!

さらに中綴じ冊子のようにA3の裏表にA4を4ページ分印刷すれば紙も半分ですむのでとってもエコになります。

ところが中綴じ冊子のようにA3にA4を面付けして製本した時に正しい順番にページを並べるには面付けという作業が必要になります。

例えば8ページの冊子だと図のように面付けしないと製本した時に正しい順番になりません。

面付けの図。左が正しい面付け。右側の面付けは失敗例

正しい面付けだと写真のように製本するとページ順に並ぶ

面付けに失敗すると写真のようにページ順がバラバラに

この面付けはちょっと面倒なのですが、ページが決まった後にページを順番に並べ替えて、A3でプリントするとバッチリA4中綴じ冊子のできあがりです。

自動面付け機能

面付け自体も機械に任せたい場合はゼロックスの最新のカラーコピーは自動面付け機能がある場合があるので、それを活用すると良いでしょう。

この機能は各社のホームページに記載があると思いますのでぜひ調べてみてください。下記にリンクをしておきます。

富士ゼロックス

https://www.fujixerox.co.jp/support/publishing/c75_p/contents/40_DFE/01_PX_4009.html

キヤノン

http://cweb.canon.jp/creativearts-printer/lineup/c1-2/features-binding.html

富士ゼロックスDocuColorの面付け画面

すぐスールだとさらに安く

実は印刷通販を使えば、もっと安くすませることができます。

お急ぎの場合でもA4カラーで20ページ50部の25000円と大差なくできますし、

4営業日以上だと9270円(税込・送料込)とかなりお得な上、面付けや製本などの面倒な作業も全部させていただきます。

会社でのコピーする時間も節約できるのでぜひご検討ください。

https://www.sugusu-ru.com/s_price_s.php?t=n

(たけうち)

制作データ

■冊子種別
スタッフブログの為、制作データはありません。