ポートフォリオ1冊だけの印刷でも大丈夫!最短翌日印刷も可能

【ポートフォリオの詳細】
表紙:カード紙 180Kg
本文:マットコート紙 110Kg
色 :フルカラー
加工:PP加工 艶なし

他の印刷会社に依頼してたけど対応が遅くて…

今回、学生の方から、「就活エントリ―用のポートフォリオを1部だけ急ぎで印刷してほしい」という依頼がありました。

元々は別のオンデマンド印刷会社に3営業日で発注をしていたようなのですが、チェック対応などが遅くて、もう間に合わないかもしれない。と、なっていたところ、すぐスールをネット検索で見つけて、すぐに仮発注をいただいたようでした。

そしてすぐにお電話をさせていただきました。

1部だけの印刷は高めですが、対応速度の満足度も高め

少部数になればなるほど、1部あたりの単価が上がってしまいます。

そして更に、お急ぎ印刷であればあるほど費用も上がってしまいます。
その為、今回は1部で36,620円だったのですが、もし3営業日であれば26,193円とお安くなっていました。
※この時10%割引キャンペーンを実施していました。

しかし、すぐスールでは仮注文を頂いてからできるだけ1時間以内にメールかお電話にて、ご連絡をするようにしております。

基本的に内容など問題が無ければメールでご連絡をして、特殊な加工などで確認することがあれば、お電話をさせていただいております。

更に、入稿をして頂いた後でも、データのチェックをしておかしなところがあったり、お客様の選択して頂いた用紙や厚みなどの構成が一般的では無かったりすると、念のため確認でご連絡取らせていただいております。

構成が一般的ではないというのは。

表紙よりも本文の方が厚い紙を選ばれていたり、ポートフォリオであれば写真が重要になってきますが、写真と相性の悪い紙を選ばれたりなど、様々です。

あえて、こういった構成をされてるのであれば良いのですが、中には初めてオンデマンド印刷を使われる方で、良く分からず選ばれているケースも想定できるので、印刷が完了してから「予想と違った!」とならないようにするために、ご連絡をさせていただいております。

デザイナーの就活ポートフォリオとは?

デザイナーが就職活動をする場合は、今までの成果を見てもらう為の作品集として、ポートフォリオの提出が要求されます。

しかし、ただただ写真を貼りつけたようなものであれば、デザインが悪くなったりする場合もあるので、ポートフォリオ自体のデザインも重要です。

ですので、デザイナーの就活ポートフォリオを作成する場合は、中に入れる制作物だけでなく、ポートフォリオ自体のデザインにも配慮する必要があります。

また、製本化する場合は、適切なソフトウェアを用いてする必要があります。

製本するポートフォリオの作成方法(適切なソフト)

今回のお客様は、インデザインというアドビのデザインソフトを利用して作成されました。

デザイン系の学生様だったこともあり、イラストレーターなどを使うという手段もあったかと思うのですが、イラストレーターでポートフォリオを作成すると、基本的にはノンブルといってページ番号を個別に割り振って、ページをまたぐような流れをつくることができません。

しかし、インデザインというソフトに関しては、ページ物とするポートフォリオのデザイン作成に向いています。

理由は、デザインのテンプレが使いまわせたり、目次や索引等の機能が使えるからです。

また、なによりもイラストレータ―では写真を入れると動作が重くなりますが、インデザインに関してはイラストレーターよりも動きが軽いです。

こういった理由から製本する就活ポートフォリオの作成にはインデザインが向いています。

就活ポートフォリオを製本化するメリット

そもそも就活で必要だからというのもあるかもしれませんが、製本化したポートフォリオには大きなメリットがあります。

それは、ポートフォリオ自体がプレゼン資料みたいに自分をアピールしてくれるところです。

WEBポートフォリオというものもありますが、あくまでも作品ギャラリーになりがちです。

しかし製本化したポートフォリオは、流れやコメント、デザインなどを1ページづつこだわることができます。

その為、1社1社に対して想いをデザインにすることができるわけです。

作成をするのは時間が掛かるのに大変ですが、デザイナーにとっての就活用ポートフォリオは就活先に対してアピールできる最大の武器となります。

また、家庭用プリンターで印刷をすると、基本的には水性インクを使うので滲みが出る可能性があります。また必要な光沢などを表現できない事も多いので、デザインのポートフォリオ印刷に関しては、印刷会社に依頼する事をお勧めします。

デザインや写真を入れるポートフォリオにオススメの構成

表紙は、カード紙の180Kg。
本文は、コート紙(光沢あり)、マットコート紙(マットな質感に少し光沢あり)の90Kg~110Kg。

この構成がおすすめです。

ちなみに、(Kg)というのは厚みを指しています。
また、同じ(Kg)でも用紙種類によって、厚みが変わります。

例えば、コート紙の110Kgは千円札位の厚みですが、マットコート紙の110Kgは週刊誌の表紙位の厚みがあります。

少し分かりにくいところだと思いますので、そんな時にはこちらの用紙種類毎の厚さ表をご覧ください。

これは、発注ページでも「厚さを見る」で見る事ができます。

ポートフォリオ印刷をご利用頂いたお客様のお声

実際にポートフォリオ印刷を発注されてどうでしたか?

はじめは別のオンデマンド印刷会社にお願いしていたのですが、入稿した後のチェック対応がすごく遅くて諦めました。

貴社は発注してからの対応がすぐで、安心して頼むことができました。

また、どういったものが出来上がってくるか、少し心配ではありましたが、思った以上のものが届いて120%満足しています。

すぐスールのここが良かったという点はありましたか?

間違えている点があれば、何度も何度もお電話を頂けたり、電話をした時の対応も早くて丁寧でとても嬉しかったです。

また印刷用紙のアドバイスも嬉しかったです。

更に印象深かったのは、データをアップロードする時に、電波の兼ね合いで何度送信してもなかなか送れなくて、時間ギリギリになってようやく遅れた時に、心配なさってくれたのか、電話を頂けた事が印象に残っています。

発注者に対して、親身になってくれるのがすぐスールの魅力ですね。

良いお言葉ばかりで恐縮ですが、本当にありがたいですね。

すぐスールでは、1冊だけのポートフォリオの印刷であっても、印刷時のサポートを念入りにさせていただいておりますので、お気軽にお電話にてご相談くださいませ。

ただ、できれば3営業日程の余裕をもってご依頼いただくのが費用的な面でおすすめ致します。

制作データ

■冊子種別
ポートフォリオ
■サイズ
A4
■ページ数
100ページ
■注文部数
1部(1冊)
■納期
翌日
■料金
36,620円(10%割引キャンペーン中だった時の料金)
■備考
就活に使うポートフォリオの翌日印刷