パワポで失敗しない印刷用データの作り方とポイント

失敗しない印刷用データの作り方とポイント

今回はOffice PowerPointで作ったデータで出稿する際の注意点や適正なサイズの設定方法について解説いたします。意外と知られていないパワポのサイズについて知ることで、ご注文する際に失敗しないデータを作れるようになります。

PowerPointのA4と紙のA4は違う

「サイズが違いますよ、そのデータ」

お客様がある印刷通販会社にパワーポイントで作ったデータを入稿した際に言われた一言です。お客様はA4サイズでデータを作成し、PDFにして入稿されたそうです。

結局、断られてしまい、弊社にお問い合わせいただいたのですが、「サイズが違う」とはどういうことなのでしょうか?

実はパワーポイントの設定で選択するA4やB5などのサイズと実際の用紙のA4やB5のサイズは違います。詳しく解説していきます。

パワーポイントのスライドサイズ指定で「A4 210×297mm」を選択し、PDFを書き出すと「190.5×275.1mm」サイズのPDFになってしまいます。

また、「B5(JIS)182×257mm」を選択し、PDFを書き出すと「152.4×203.2mm」サイズのPDFになってしまいます。

なぜこのようにサイズが変わってしまうのでしょうか?

答えは、パワーポイントのA4やB5は周りに10〜15mmの余白が想定された規格サイズだからです。そのためPDFを書き出した際に余白部分がカットされてしまったのです。

入稿でよく希望されるのが「フチ無し印刷(印刷会社が言うところの断ち切り印刷)」です。この状態で入稿された場合、すぐスールではお客様に連絡し、データを拡大して処理しています。

パワポのB5には2種類ある

パワポのB5には2種類あります。

B5(JIS)182×257mmとB5(ISO)176×250mmの2種類です。

「B5(JIS)182×257mm」は日本工業規格のサイズで「B5(ISO)176×250mm」は国際標準規格のサイズです。日本国内では「B5(JIS)182×257mm」が使用されています。

B5(ISO)で作ったPDFでご入稿いただいた場合は用紙のサイズとの縦横の比率が異なるため、データの拡大では対応できないため注意が必要です。

日本のB5は、B5(JIS)182×257mmの方です。覚えておきましょう!

サイズの設定方法

それでは実際にパワーポイントでのサイズ設定方法について解説していきます。

まず新しいプレゼンテーションを開きます。または既存のファイルを開いてください。

次に [デザイン]タブ > スライドのサイズ > ユーザー設定のスライドサイズ の順にクリックしてください。すると下図のような画面が表示されます。

ここに表示されている数値がPDFを書き出した際のサイズになりますので、下図のように設定タブで数値を指定する必要があります。

このようにサイズを入力したデータからPDFを書き出せば、入稿用データは完成です。

以上がパワーポイントでの規格サイズの作り方になります。

テンプレートもございます

すぐスール.comでは規格サイズ(A3,A4、A5、B4、B5)5種類のテンプレートをご用意しております。

印刷・製本時に文字が用紙の端まで配置されバランスの悪い冊子は困りますよね。このテンプレートでは文字をどのあたりまで配置すればいいかなどを枠もつけてわかりやすくしております。パワーポイントでデータを作成される方は是非ご利用下さい。

テンプレート

このテンプレートは規格サイズのため、塗り足しをつけることができませんが、フチ無し印刷(断ち切り印刷)をご希望の方も、外側に塗りたしが無くても対応いたしますので、小さな事は気にせずまずは規格サイズで作ってみてください。

(風帆)

パワポで失敗しない印刷用データの作り方とポイント

制作データ

■冊子種別
スタッフブログの為、制作データはありません。